インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

カルザイ大統領の命を狙うのは誰か?

春名幹男
執筆者:春名幹男 2002年9月号
カテゴリ: 国際

 アフガニスタンの首都カブール、アメリカ大使館から角を曲がった通りで七月二十九日朝、トヨタのランドクルーザーと衝突したカローラが急発進して逃走、治安部隊に捕まった。逮捕されたのはあごひげの若い外国人男性。カローラ車内から約五百キロのTNT火薬などが発見された。半径五百メートル以内のビル二棟を倒壊させるほどの爆発力といわれる。 現場はハミド・カルザイ大統領の官邸も近い。地理的な状況からして米大使館か大統領官邸を狙った自爆テロ未遂か、とみられた。 だが、この事件をめぐるアフガニスタン内務省と情報機関である国家安全総局の発表はニュアンスが微妙に異なっていた。 現地からの報道によると、アフガニスタン内務省はこの事件でもう一人の犯人を逮捕した。ディン・モハメド・ジュラト治安部長は「アル・カエダかイスラム党と関係があるとの強い疑いを持っている。現在、イスラム党はアル・カエダと同盟関係にある」と語った。しかし、国家安全総局は「逮捕者は一人だけ。当然、カルザイ大統領がこの男の目標の一つ」と言うのだ。 どうやら、国家安全総局が、カルザイ大統領の身辺の危険性を強調しようとしているのに対し、内務省はイスラム党の方が危険と強調しているようだ。米中央情報局(CIA)がこの春、イスラム党の党首、グルブディン・ヘクマティアル元首相暗殺を企てて失敗した、という経緯もある。だが、内務省は大統領に近いが情報機関は大統領と対立している、という事実から見た方が理解しやすい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順