饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(56)

米大統領夫人はこんな趣向を凝らした

西川恵
執筆者:西川恵 2002年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 国賓として米国を訪問したポーランドのクワシニエフスキ大統領夫妻が、七月十七日、ブッシュ大統領夫妻主催の歓迎晩餐会に出席した。 国賓を迎えるのはこれが二人目となるブッシュ大統領がクワシニエフスキ大統領をひときわ重視したのは、ブレア英首相と並ぶ欧州の強力な同盟者だからだ。クワシニエフスキ大統領は、晩餐会に先立つ会見でも「テロリストには安全な避難地はない」と言い切った。英、独、露語を自由に操り、四十七歳と若く、ロシアの内情にも詳しい同大統領は、米国にとって貴重な存在なのだ。 ホワイトハウスは、細心の気配りで晩餐会を準備した。八人掛けの各丸テーブルには金糸と銀糸で文様を縫い込んだ豪華なダマスク織りのテーブルクロス。テーブル中央にはバラとガーベラの花でポーランド国旗の色である赤と白のコントラストを作った。園芸をたしなむローラ夫人好みのシンプルな演出である。メニューは次のとおりだった。 ブラックバスのレモンとバジル風味 チョウセンアザミと若カボチャのローストをトマトソースで 神戸牛フィレのスモーク 新鮮なコーンのポレンタにグリルしたマッシュルームと夏野菜をエシャロットソースで オレンジとアボカドのサラダ ポテトのタルトのカリカリ揚げをドレッシングで

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順