クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

オサマ 生きていても死んだも同然

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2002年9月号
カテゴリ: 国際

 去年の九月十一日、ニューヨークとワシントンがテロにやられる日まで、ブッシュ米大統領とホワイトハウスはロクな中東政策を持たず、ましてアフガニスタンのことなど考えたこともなかった。 その間に、ヒンズークシに泥の家を建てて住むアル・カエダは、パレスチナのユダヤ国家を抹殺するため、イスラエルの大旦那であるアメリカの心臓部を衝く計画を練り、手はずを整え、旅客機を乗っ取って自爆し、何の罪もない三千人を殺し、ニューヨークの摩天楼群の中で最も美しい双柱を根こそぎにした。 それから一年が過ぎた。アメリカは覚醒したが、テロリストに動機を与えた中東の紛争は、解決の糸口すら見えない。 つい先日も、イスラエル空軍はガザを夜襲し、人家の密集地帯にミサイルを撃ち込んだ。ハマスの軍事部門指導者は首尾よく仕留めたが、同時に子供九人を含むパレスチナ人十五人を殺した。 瓦礫の中から掘り出されたパジャマ姿の子供の遺体を、誰かが両手で高く掲げて見せている写真が世界中に流れた。幼な子は血の気のない頭をのけぞらせて死んでいる。黒煙を上げる世界貿易センタービルの映像と同様、正視に堪えない写真である。 むろん、ハマスは「百人殺す」と報復を誓った。そして十日以内にヘブライ大学の学食でテロがあり、日本人学生二人が巻き添えになって負傷した。ハマスはいずれ手慣れた手法でスクールバスを狙い、ユダヤの子らを殺すのだろう。報復の報復へのさらなる報復。明治政府は復讐禁止令(明治六年)を出したが、二十一世紀の世界には無辜の民を殺す報復を禁じる法律がない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順