世界遺産ガラパゴスの「再生計画」

執筆者:サリル・トリパシー 2002年10月号
エリア: 中南米

三十年の歳月をかけて、ガラパゴス諸島のひとつ、サンチアゴ島から全てのブタが駆逐された。そして今、諸島の希少動物を守るため、ヤギをターゲットに次なる作戦が始まった。[ロンドン発]一八三五年、ガラパゴス諸島に上陸したチャールズ・ダーウィンは、そこに生息する動植物に目を見張った。この諸島は外界から隔絶していたおかげで、独自の生態系を形成していたのだ。もちろん、サンチアゴ島も例外ではなかった。ダーウィンが自然淘汰による進化論を思いつくきっかけとなったガラパゴスゾウガメなど、そこには希少動物があふれていた。一方で、存在しなかったのは家畜だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順