スペイン政府が追い詰めるバスク「テロ支援政党」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2002年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

[パリ発]スペイン北部バスク地方の独立をめざす急進派政党「バタスナ」の合法性を問う審理が九月三日からスペイン最高裁で始まった。同党が武装組織「バスク祖国と自由」(ETA)と事実上一体であり、テロ組織との連携を禁じた政党法に違反する、と見なした政府の申請を受けての対応だ。政府の主張が受け入れられる可能性が高く、早ければ年内にも、バタスナは非合法化される見込み。 政府は一気にETA関連の組織を壊滅させたい意向だが、非合法化によって「紛争がむしろ泥沼化するのでは」との懸念も出てきている。非合法化が実現した場合、バタスナが来春の統一地方選をボイコットするとの観測も広がっている。バタスナは欧州議会で一議席、バスク自治州議会で七議席を持つほか、バスク地方の市町村議会で多くの議員を抱え、議員の互選で選ぶ首長を出している町さえある。地域に密着した彼らは、時に反ETAの動きを監視する役目も果たしてきた。アスナール政権与党の重鎮でバスク出身のオレハ元内相は、エル・パイス紙のインタビューで「選挙実施に全力を尽くすが、今後一年間はバスクで何が起こるか誰も予想ができない」と語り、選挙妨害やテロ激化の可能性も示唆した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順