ブッシュ政権が怯える「ブラジルの悪夢」

2002年10月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 中南米 北米

ブラジルからも目が離せない。この中南米最大の経済国で混乱が深まれば、ブッシュ政権は経済だけでなく、通商政策の面でも手痛い打撃を受けるだろう。[サンパウロ発]アルゼンチン経済が回復の糸口をつかめないでいるなか、危機は隣の大国ブラジルに波及する兆しを見せている。ブラジルの通貨レアルの対ドル相場は七月三十一日、終値で一ドル=三・四七レアルと一九九四年の現行通貨導入以来の最安値を八営業日連続で更新。年初からの下落率は三三・六%に達した。アルゼンチンの経済・政治危機が起きた直後ですら一万三〇〇〇ポイント台を維持していたサンパウロ証券取引所のボベスパ指数も、七月以降は一万ポイント台割れが続いている。「アルゼンチン危機」の連鎖を防ぐ防波堤の役割を果たしてきたブラジル経済に何が起きたのか。今回の金融不安の直接的な要因は大きく分けて二つある。 第一点は、今年十月六日に投票が実施される大統領選挙の行方だ。大手世論調査会社ダタ・フォリャの調査結果では、左派の野党、労働党(PT)名誉党首のルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ候補が支持率で常に三〇%以上を確保。それまで二位につけていた与党ブラジル社会民主党(PSDB)のジョゼ・セラ前保健相が七月三十日には三位に転落し、代わって左派社会主義人民党(PPS)のシロ・ゴメス元財務相が二位に急浮上している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順