ムネオとゆかいな仲間たち

名越健郎
執筆者:名越健郎 2002年10月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

「お前は政治をなんと心得ているのだ。将来はないものと思え」「オッ、○○君、あの時は世話になった。またよろしく」――。 恫喝と懐柔で外務省を支配した鈴木宗男衆院議員が逮捕されたあと、現在の外務省には「宴のあと」といった無力感が漂っている。鈴木議員が飛ぶ鳥を落とす勢いだったころ、外務省幹部らは鈴木詣でを繰り返し、率先して土下座したものだった。 ところが、鈴木議員が凋落すると、外務官僚は掌を返したように鈴木批判を展開。何十人もいた“ムネオ派官僚”は必死に過去を消そうとしている。しかし、外務省が数年にわたり「ムネオ支配」に甘んじた事実は隠せない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top