やはり実在したフセインの影武者

2002年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 イラクのフセイン大統領に影武者が複数いるとの噂は以前からあるが、パリの消息筋によるとフランスの情報機関はこのほど、カタールのハマド外相が八月にバグダッドで会った「フセイン大統領」が影武者だったとの確固たる証拠をつかんだ模様だ。 同外相はこの会談で、米国との戦争を回避するため、アラブ諸国の協力で中立国に亡命するよう提案したが、「フセイン大統領」は激怒。部下に命じて外相を強制的に退席させたと伝えられる。 しかし、フランスの情報機関工作員がほぼ同時刻に、本物のフセイン大統領が八月初めに暗殺未遂事件で負傷した次男を見舞っていたことを確認しており、ハマド外相が会ったのは影武者だったことが判明したという。 フランス情報機関は、フセイン大統領が自ら議長を務める革命指導評議会も、本物は三回に一度程度しか出席せず、あとは影武者が代わりに出ていることを示す確実な情報も入手したといわれる。最近ではドイツの公共テレビ、ZDFも、法医学専門家の話としてフセイン大統領が一九九八年から三人の影武者を使っていると報じている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順