饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(58)

極めて異例だった日朝首脳会談のプロトコール

西川恵
執筆者:西川恵 2002年11月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島 日本

 書家で文明的観点から発言を行なっている石川九楊氏は、日朝首脳会談をテレビで仔細に見た。 小泉、金正日の両首脳が握手を交わしたとき、手を握り合ったのはほんの短い一瞬で、二人がすぐにぎごちなく手を離したことを石川氏は見逃さなかった。「あれではダメですね。せっかくの歴史的会談の出会いが気合もなく、帳消しになってしまった」。 もう一つ氏が指摘するのは、金正日総書記が「朝早くから平壌にお越しいただいて、うれしいというよりもホストとして申し訳ないと思います」と異例の挨拶をしたことに、小泉首相が黙ってうなずいたことだ。「あそこで首相が軽妙に受けとめて、寸鉄人を刺す言葉で切り返していたら、首相は大器を備えた政治指導者としての評価が定着しただろう」。会談に入る前、拉致された十一人のうち八人が死亡していると知らされたショックが尾を引いていたのだろうが、「危急にあっても大局観を失わないのが政治指導者」と氏は言う。 プロトコール(儀典)の観点から眺めると、日朝首脳会談は極めて異例なものだった。儀礼は外交交渉を円滑に進めるための取り決めである。金正日総書記はどこで小泉首相を出迎え、握手するか。午餐会、合意文書署名式の後の乾杯をどうするかなど、本来だとこと細かに決められる。とくに国交樹立という未来志向の交渉では、儀礼がいろいろと考えられ、過去の行き違いを緩和する工夫がされるのがふつうだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順