仕事という遊びにも熱中しています

成毛眞
執筆者:成毛眞 2002年11月号
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 僕にとっては仕事も遊びのひとつである。われを忘れて熱中できることを遊びというのなら、仕事も立派な遊びだと断言できるからだ。 二年前にIT産業の成長率やベンチャー企業の危うさに見切りをつけ、上場成熟企業への投資業を始めた。縮小均衡する産業の中にあって充分に安い株価をつけている上場企業に投資し、その企業に最良の経営テクノロジーを利用してもらって企業価値を高め、投資リターンを見込むというビジネスモデルだ。都市銀行、大手損保、総合商社、総合電機メーカーなど複数の大企業からファンドに出資してもらい、それを投資資金とした。 しかも、投資先企業に注ぎ込む経営テクノロジーの源泉は、ファンドに出資してもらっている大企業からのもの。日本の優秀な学生が役所や大企業に集中して就職していることから見ても、大企業のビジネスマンを利用しない手はない。彼らには、積極的に投資先に対する支援を要請している。いわば、日本の資金と人材の大企業偏在を逆手にとったビジネスモデルなのだが、日本で最もあつかましいファンドであろう。 しかし、このところそれ以外の仕事が増えてきた。おおまかにいうと知的所有権の移転と行使、事業本体に対するITの利用、資金調達の高度化などのコンサルティングと、それらへの投資だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順