クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

戦後初めて怒った日本人

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2002年11月号
カテゴリ: 文化・歴史

 橋本龍太郎、村山富市、野中広務はじめ無慮一万三千の日本人が、北京の人民大会堂に集うて日中の友好三十周年を祝ったという。その間も埼玉県では一晩に三件もの金庫の盗難があった。 バールで店の戸をこじ開け、商品棚を押し除けて搬出口を確保しておき、二百キロもある奥の金庫を一気に持ち出して逃げる。五分以内の早わざ。密航シナ人の一団は捕えたが、他に何グループかいるらしい。そういうことは、人民大会堂の食事中、話題にならなかったのか? 拉致は日本人の作り話だと言い続けてきた国が、突然「八人死んだ」「自殺だ」「ガス中毒だ」「墓は流れた」と言った。誰が信じられよう。だが、せめて北京での和やかな談笑の間に、誰かが聞いてほしかった。 ――「中国政府は拉致された日本人の捜索につき、北朝鮮にどんな影響力を行使してくれましたか?」 何党の誰でもいい、もしそう質問したのなら、あの身勝手な中国政府の返答が聞きたい。聞かなかったのなら、何のために北京に行ったのか、渡航目的を聞きたい。 いまは横田めぐみさんの両親ほか拉致被害者の家族にはマスコミが張りつき、いわゆるメディア・スクラムになっている。だが、ついこないだまでは、どうか連れ去られた娘のことを書いて下さいと頼んでも、耳を貸さなかったのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順