チベット亡命政権をめぐり中国の工作が活発化?

2002年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 インド北部の町ダラムサラは、チベットを逃れたダライ・ラマ十四世が亡命政権を置いた場所として知られる。その町で最近、ダライ・ラマの命を奪うと脅すポスターが目立つようになった。こんなことは、一九五九年に亡命政府が置かれてから初めてのことだ。 ポスターには、「ダライ・ラマをはじめとするチベット人がインドから出ていかなければ、殺す」と英語で書いてある。 亡命政府への警備を強化した地元警察は、ポスターはチベットの「シュグデン・カルト」の仕業だと睨んでいる。実際、九七年にはこのカルトのメンバーによって、チベット人の学校長と生徒二人が殺される事件が起きている。 チベット亡命政府は公式のコメントを出していないが、ある幹部は非公式に、「インド人とチベット亡命政府を分断しようとする悪意に満ちた行為だ」と語る。 シュグデン・カルトはチベットでの勢力をダライ・ラマ派と争っており、一説には中国情報部と関係があるとされる。シュグデン・カルトを支援し、ダライ・ラマと争わせることでチベット独立派の力を削ぐ、というのが中国の狙いなのだという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順