シーク教徒攻撃は再び火を噴くか

執筆者:立山良司 2002年12月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 現代の世界で最も激しい宗教的暴力を経験したのは、インドのシーク教コミュニティだ。一九八〇年代から九〇年代前半にかけてインド政府軍や警察との衝突、内部のテロなどで、毎年数百人から数千人の犠牲者を出していた。 シーク教徒の男性といえばターバンと髭、つまり“典型的なインド人”というイメージだ。だが実際のシーク教徒人口はインド全体の約二%、千八百万人。しかもその多くはパキスタン北部と隣接したパンジャブ州に集中している。ただシーク教徒は世界各地にコミュニティを持ち、あの独特な姿で活動しているため、インド人といえばシーク教徒というイメージが定着したのかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順