お金では計れない価値がある

執筆者:喜文康隆 2002年12月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

「人間には自分の自由と不自由とを自覚し分別し煩悩する自由がある」(鈴木大拙『東洋的な見方』)     * 人間の価値を計る尺度はけっしてお金だけではない。このことを痛感させる事件が、一カ月あまりの間に二つ続いた。 主人公の一人は、FA(フリーエージェント)権を行使して読売巨人軍を退団、大リーグ入りを決めた松井秀喜。もう一人はノーベル化学賞を受賞した田中耕一である。滅んだ「池の中の強者」 原辰徳監督の指揮する読売巨人軍が西武ライオンズに四連勝して日本シリーズを制覇してからわずか二日、松井のFA宣言は劇的な環境のなかで行なわれた。松井の大リーグ入りを伝える十一月二日付けのスポーツ紙には「夢貫きメジャー」「裏切り者と思われても」「自ら導入した自由競争に敗れた巨人」という見出しが躍っている。 しかし、同じ新聞の一面に掲載されたある出版社の広告が、なによりもニュースの意外性を象徴していた。「日本シリーズ制覇緊急発売―ビジネス・自己啓発書」「原辰徳流『活私』管理術―それは長嶋野球の否定から始まった」「『個』の時代にありながら若者は『属性』を求めている」……。原巨人の勝利をあてこんだ待ち伏せ本の出版は本来なら「してやったり」ということなのだろうが、松井退団のニュースの下では、宣伝文句のしまりのなさはいかんともしがたかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順