饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(59)

ブッシュ家の牧場で江沢民が食べたテキサス料理

西川恵
執筆者:西川恵 2002年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米

 中国の江沢民国家主席が十月二十五日、米テキサス州クロフォードにあるブッシュ大統領の私邸兼牧場を訪問した。 ブッシュ大統領の牧場に招かれた外国首脳は数少ない。これまでブレア英首相、サウジアラビアのアブドラ皇太子(第一副首相)など数人だ。ブッシュ、江両首脳の会談は三回目だが、米大統領が敢えて親密さを醸し出す私邸兼牧場を選んだのも、中国共産党大会(十一月八日開幕)を機に、第一線を退く同主席の労をねぎらう気持を込めようとしたからだった。ただ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核開発問題の急浮上で、“お別れ会談”という儀礼を超えた関心を集めることになった。 江主席一行の到着は予定より三十分遅れた。中国政府の法輪功摘発に抗議するデモ隊を避けるため、車列が遠回りしたからである。ブッシュ大統領は開襟シャツにブレザー、江主席はジャンパー、ローラ夫人と王冶坪夫人はパンタロンとラフな服装で、記者団に笑みを振りまいて私邸に入った。 両首脳は一時間ほど会談した。この席で、米国側はさりげなく江主席がきたる共産党大会を潮時にすべてのポスト(国家主席、共産党総書記、党・国家中央軍事委主席)から退くのか聞いた。江主席は「そうそう。多くの人がそれについて話していますよ」と破顔一笑して煙に巻いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順