シリコンバレーを包む「絶望なき不況」

2002年12月号
エリア: 北米

未曾有のバブル生成と崩壊――流入した巨額の資金が過剰設備と負債に転じ、すべての企業が後始末に奔走している。それでも彼らは未来に絶望しない。失敗から次の変革を生み出すシリコンバレーの強靱な競争力を検証する。[パロアルト発]世界のハイテク産業の中心地である米シリコンバレーが、長い足踏みを続けている。世界的な情報技術(IT)不況や長引く株安を背景に、資金力の乏しい新興企業だけでなく、世界を代表する大手ハイテク企業までもが迷走している。一九九〇年代、人類の歴史上、最も短期間で巨額の富を生み出したハイテク集積地は、果たして甦るのだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top