「北の崩壊」に立ち会う韓国大統領は誰か

執筆者:黒田勝弘 2002年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

韓国大統領の任期は五年。その間に、北朝鮮には大変化が訪れるかもしれない。危機管理能力の高い人物が選ばれるかどうかは、日本にとっても重要問題だ。[ソウル発]韓国の大統領選(十二月十九日投票)が盛り上がりを欠いている。いや、韓国のマスコミ報道で見る限りはにぎやかだ。だから緊張感を欠いているといったほうが正確かもしれない。 北朝鮮の存在を考えると、韓国の次期政権がどんな政権になるのかは極めて重要である。次の大統領が担う今後五年間は、北朝鮮の命運を左右する時期になる可能性が強い。なのに、過去の大統領選に比べどういうわけか緊張感がないのだ。 国民もそうだし、われわれ外国人ウオッチャーもそうである。なぜか。答えは簡単である。「金大中氏がいなくなった」からである。 もちろん金大中氏は現在、大統領としては存在する。しかし五年一期の任期終了でもう大統領選には出られない。これで引退することになっている。つまり金大中氏が出ない(あるいは、いない)大統領選だから緊張感がないのだ。 韓国の現代政治史における大統領選は、すべて金大中氏を当選させるのか、当選させないのかをめぐって争われたといっていい。あるいは、何としても金大中氏を当選させようという勢力と、何としても当選させたくないという勢力の戦いとして展開された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順