経営改革の予行演習をいかに行なうか

執筆者:井口嘉則 2002年12月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 現在が「改革の時代」であることは間違いないが、なかなか進まない。なぜか? 理由の一つに、改革のやり方、方法が分からないということがある。 みな、改革には素人である。既存の仕組みの維持者、既存の仕組みを活用した業績達成者は多いが、こと仕組みをどう変えたらいいかについては、未経験者ばかりだ。日産自動車はV字回復を達成したが、それはカルロス・ゴーン氏という、海外で大企業の改革を成功させ、手法を身につけた人がトップになったから。日本人経営者では変えられなかったのだ。 改革をしなければならないことは分かっていても、怖いから、どうやったらいいか分からないから、躊躇する。先延ばしする。そのうちに、どんどん症状が悪化していく。政治しかり、行政しかり、経済しかり、企業しかり。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順