勝者なきオフィスビル戦争の幕開き

執筆者:杜耕次 2003年1月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

丸の内、汐留、品川、六本木――。新たな摩天楼が次々誕生し、予想以上に厳しい「二〇〇三年問題」の現実が明らかになりつつある。不動産大手によるテナント争奪戦は激しさを増し、大会社の本社を引き抜き合う“恐怖の玉突き”も始まっている。「十六年かかったこの『六本木ヒルズ』が二〇〇三年四月二十五日にオープンすることを謹んで予告します」 十二月五日に開かれた記者発表会。作業の足場が組まれ、一部の天井は空調ダクトが剥き出し、外周全面ガラス張りのフロアで、挨拶した森ビル社長の森稔はやや上気した表情でこう宣言した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top