コンピュータの中で眠っていた男

成毛眞
執筆者:成毛眞 2003年1月号
カテゴリ: 文化・歴史

 忘年会、新年会のシーズンである。僕のいたソフトウェア業界は平均年齢が若いからか、じつに派手な忘年会をしていた。派手といってもゴージャスという意味ではない。すこしお金のかかった学生コンパという意味合いだ。 十五年近く前の納会のことだ。午後四時くらいから社内で酒盛りが始まり、数時間後には自席でビールや氷のぶっ掛けあいという始末。プロ野球日本シリーズの優勝チームのようなノリである。 ビニールシートで保護してあったものの、商売道具のパソコンは水浸し。気がついてみれば、数十台が作動不能である。宴会はさらにエスカレートし、中国の取引先からいただいた老酒の四斗樽をひっくり返したからたまらない。老酒はフリーアクセスのフロアに染み込み、LANの回線をショートさせ、その臭気は正月明けにフロアを総入れ替えするまでおさまらなかった。 当然、こうなると泥酔し寝込むものも出てくる。長髪の社員はハサミで髪を切られ、その証拠の髪をコピーしてファクスで他の事業部に送るといった事業部対抗髪切り大会へとエスカレートした。気の弱いものは避難するしかない。翌朝、大型コンピュータの中でいびきをかいている「気の弱い猛者」がいたことには驚いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順