『さよなら、大衆。』が変えたもの 藤岡和賀夫(広告プロデューサー)

執筆者:船木春仁 2003年1月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 最初は、几帳面な人だと思っただけであった。しかし自著に掲載されている執務風景の写真を見て、「なるほど」と思った。長さが四メートルはあろうかという大きなテーブルに、届いたファクスやプリントされた電子メールなどがきれいに並べられ、一番手前には予定が書き込まれた月間カレンダーが置かれている。今日なすべき仕事と明日以降へと持ち越される仕事。それらをカレンダーを軸に俯瞰しながら考え方をまとめていく。これは、稀代の広告プロデューサーの癖であり、仕事のノウハウなのだろう。 藤岡和賀夫の仕事を改めて紹介すれば、一九七〇年に「モーレツからビューティフルへ」というキーワードを掲げ、高度成長から「豊かさの時代」への変化を巧みに捉えた企業キャンペーンを企画。また七〇年代から八〇年代の初頭までは「ディスカバー・ジャパン」「いい日旅立ち」「フルムーン」などの国鉄キャンペーンを手がけ、さらには三井物産の企業キャンペーン「三井教養セミナー、学びの出発」や同グループによる海外への日本文化紹介事業「クローズアップ・オブ・ジャパン」で企業の手による文化事業の重要性を世に知らしめた。 筆者が思い出す仕事は、七七年に日経新聞に六日間にわたって掲載された「ゼロックス人名簿 同時代の発言者たち」である。日本初の“連載広告”で、タイトル通り論壇を中心にして同時代の発言者一七一人の略歴やコメントを紹介し、切り取って折りたたむと都合二四ページの簡易人名辞典が完成するという広告だった。スポンサーである富士ゼロックスの広告は、人名の間にたまに社名が載るだけだったが、同社がコピー機器だけでなくドキュメント(テキスト)手法の高度化などを担う企業であることを強烈に印象づけていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順