マイクロソフトの“敵”

2003年1月号
カテゴリ: IT・メディア 国際
エリア: 北米

「世紀の裁判」と呼ばれた独禁法訴訟は和解で事実上決着し、独り勝ちの構図は温存された。しかし強さはときに仇となる。欧州、中国をはじめとする各国の政府、企業に不信感を芽生えさせ、オープンソースを世界に伝播させる原動力となった。[パロアルト発]パソコン革命の先導役となり、いまや世界を代表する巨大企業となったマイクロソフト。情報技術(IT)不況が長期化し、競合他社が業績低迷に喘ぐなか、その強さは際立っている。「(IT業界の)経営環境が厳しいなかで、我々は幸いにも成功を収めている。研究開発に力を入れてきたおかげだ」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top