【インタビュー】ドリス・ピルキントン・カリマラ(作家) 1500マイルを歩いた少女の物語

執筆者:草生亜紀子 2003年1月号

 固い意志と勇気、そして何よりも母と娘の強い絆が、彼らを家へと導いた――一月に公開される映画「裸足の一五〇〇マイル」の原作者ドリス・ピルキントン・カリマラさんは、自らの母と妹たちの旅を振り返ってこう語る。 一九三一年のオーストラリア。先住民族アボリジニと白人の混血児である十四歳の少女モリーと妹のデイジー、従姉妹のグレイシー(ともに九歳)の三人は、西オーストラリア中部のジガロング居留地から、パースの北にあったムーアリバー先住民居住地に連行される。当時の「同化政策」に従い、家族から引き離して「白人化」教育を施すためだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top