悪夢のあとの悪夢

名越健郎
執筆者:名越健郎 2003年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 11月5日の米中間選挙は、“戦時大統領”のブッシュ氏を前面に出して戦った共和党が圧勝し、同党はホワイトハウスと上下両院を制するという「3冠王」になった。2年前の大統領選で、フロリダ州の集計をめぐる混乱を経て最高裁の判定で辛くも当選したブッシュ大統領にとって、晴れて国民の信任を得る形になった。 一方の民主党は、スター不在、政策不振が深刻で、このままでは2年後の大統領選でも敗北しかねない。 CBSテレビの夜のトークショーのホスト役、デービッド・レターマンは「民主党は種の絶滅の危機に瀕している。クリントン前大統領を種馬に起用すべきだ」とコメントしていた。 中間選挙の夜。開票状況を見ていたレンキスト最高裁長官が、残業していた他の判事に言った。「みんな家に帰ってくれ。今回は出番はなさそうだ」 テレビのキャスターが、フロリダ州知事選の開票状況を伝えた。「現職のジェブ・ブッシュ知事は対立候補に10ポイントの差を付けています。……ただし、フロリダの誤差は1000ポイントです」 民主党敗北を尻目に、2年間雌伏していたアル・ゴア前副大統領がこのところ、夫人との共著『家族の精神』のキャンペーンのため、全米を回り、メディアにも登場。「あの時、フロリダの票が正確に計算されていれば、わたしが大統領だった」と豪語している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順