二つのニュースが静かに告げる「近代の理念」の崩壊

執筆者:喜文康隆 2003年2月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

「世界経済は、危険な浅瀬だらけの未知の海を、速度を上げながら進む船である」(エドワード・O・ウィルソン『知の挑戦』)     * 新聞のニュースは時代とともに変質する。今年の元旦、ニュース皆無の新聞各紙の一面を眺めつつそう思った。 かつて、日本の新聞にとって元旦のニュースとは「作るもの」だった。新聞記者は大晦日まで政治家・官僚・経営者などのネタ元に接触し、翌年に起きるニュースを先取りし、元旦にニュースを合わせる。そして、ニュースの発信者も、ニュース作りに協力する。元旦の新聞紙面は、新聞とニュースの当事者が共同で読者に送る時代のメッセージだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top