シリコンバレーで最も創造的な仕事をしている日本人

執筆者:梅田望夫 2003年2月号
カテゴリ: IT・メディア

限界を追求する人間には、国境はない――東芝、ヒューレット・パッカード、テキサス・インスツルメンツ、スタンフォード大学で、テクノロジーの最先端をリードし、日米の企業・大学から注目される西義雄教授の生き方とメッセージに、日本の技術者の未来を見る。 物腰がとても柔らかく、誰にでも丁寧に接し、語り口の穏やかな人である。それでいて、発せられる言葉は「decisive tone」(断固たる口調)で一貫し、風貌と内面のコントラストの鮮やかさは、会う者に強い印象を残す。 スタンフォード大学教授・西義雄。半導体産業に多大な貢献のあった個人に贈られるIEEE(米国電気電子技術者協会)ロバート・N・ノイス・メダルの二〇〇二年度受賞者でもある。東芝、ヒューレット・パッカード(HP)研究所長、テキサス・インスツルメンツ(TI)上席副社長を経て、二〇〇二年五月、スタンフォード大学に招聘された。現在はTIのチーフ・サイエンティストとの兼務でカリフォルニアとテキサスを往復する多忙な毎日を送っている。シリコンバレーに住む日本人の中で、最も創造的な仕事に携わっている人と言って間違いない。ロバート・ノイス賞までの軌跡「私は一九六二年の卒業ですが、金属工学が専門だったので大学時代の同級生は皆、八幡製鉄か富士製鉄へ行きました。私は好奇心旺盛だったので半導体がやりたくて東芝に入りました。半導体がまだ若々しい産業だった頃です。教科書も三冊しかなかった。世界そのものを自分が作っていくという時代でした」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
梅田望夫 1960年東京都生れ。94年渡米、97年コンサルティング会社ミューズ・アソシエイツを起業。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書)、『ウェブ時代をゆく』(同)、『ウェブ時代 5つの定理』(文藝春秋)、『ウェブ人間論』(共著、新潮新書)など。メジャーリーグの野球、そして将棋の熱烈なファン。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順