「米国型」からの脱却を探る欧州の企業統治

執筆者:石山新平 2003年2月号
エリア: ヨーロッパ

会長を兼務するCEOの独裁、社外取締役の機能不全など、米国型企業統治の弊害の是正に欧州が乗り出した。機関投資家から注がれる視線もその動きを後押しする。日本企業はこの流れをどう受け止めるのか。 企業経営者の暴走をどう防ぎ、市場の信頼を取り戻していくか。米エネルギー大手エンロンや通信大手ワールドコムの破綻など企業の不正に揺れた昨年の反省を、二〇〇三年は具体的な形にしていくことが求められるだろう。経営者に暴走を許さない仕組み、つまりコーポレート・ガバナンス(企業統治)のあり方をどう再構築するのかが、個々の企業に問われる年になるに違いない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top