AOLタイム・ワーナーというユーフォリア

執筆者:喜文康隆 2003年3月号

「期待に対して金を払い、期待が裏ぎられることもありうるという点では、情報産業は基本的な点で宝くじに似ている」(梅棹忠夫『情報の文明学』)     * 九百八十七億ドル。日本円に換算すると十二兆円に迫る前代未聞の巨額の赤字を、AOLタイム・ワーナー(以下AOL)が二〇〇二年決算で計上した。 合併構想が浮上してから三年、実際の合併から二年、AOLの盛衰は、IT社会の未来、米国のメディア寡占、金融市場における株価至上主義など、資本主義社会のさまざまな問題を提起している。これはエンロン問題に端を発した、一連の会計不信以上に裾野の広いテーマである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top