新ロシア人がゆく!

名越健郎
執筆者:名越健郎 2003年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 ソ連崩壊から10年を経た“独裁の首都”モスクワの変貌はすさまじい。世界のブランド店が中心部に軒を並べ、カジノやクラブの派手な看板が林立、ファストフード店や寿司バーが続々誕生している。 そのモスクワを闊歩するのが、「新ロシア人」と呼ばれるニューリッチだ。ベルサーチを着て、ボディーガードを従え、黒塗りの高級外車を乗り回す。今、ドイツ製メルセデス・ベンツの最大の輸入国がロシアである。 新ロシア人がモスクワのベンツ代理店にやってきた。「ベンツS600の新車を売ってくれ」「もちろんお売りします。でも、お客さまは先週も同じ型を買われたばかりでは」「ああ、あの車はもう灰皿が一杯になった」 2人の新ロシア人の会話。「新型の黒いベンツを買ったぞ」「どんな型だ」「型は忘れたが、車体にBMWと書いてあった」 新ロシア人とロシア人が教会で祈っていた。新ロシア人がロシア人に尋ねた。「お前は何を熱心に祈っているのだ」「給料が1000ルーブル上がるよう祈ってるんです」 新ロシア人は懐から1000ドル取り出して言った。「これを持ってとっとと帰れ。神の関心をそらさないようにしてくれ」 ある企業の新ロシア人社長が新入社員を呼んで言った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順