「知財のプロ」を鍛える

執筆者:フォーサイト編集部 2003年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 ライセンス・アソシエイト。耳慣れない職業かもしれない。しかし、メイド・イン・ジャパンが復活するなら、彼らが重要な役割を担うのは間違いない。一言で説明すると、大学、研究機関の発明(特許)を企業に売り込みビジネスに発展させる橋渡し役となる知的財産マネジメントの専門家である。 一九九六年、日本の製造業は曲がり角を迎えた。政府は国際競争に勝ち残るため、日本オリジナルの発明を重視するプロパテント政策へ舵を切った。特許によって競争力を維持、向上させようと様々な法整備を進め、ここにきてようやく産学連携、大学による技術移転機関(TLO)の設置といった動きが本格化してきた。ただ、知財の重要性が浸透しても、大学や企業に知財マネジメントができる人がいなければ何も始まらない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順