関西経済の主役に躍り出たシャープ

2003年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

明るい話題に乏しい関西経済圏で、新工場を次々と立ち上げるシャープの好調ぶりが際立っている。好調の秘密は「液晶一点突破」と「日本型経営」。落ち目の松下に代わって「関西の主役」に躍り出た。 シャープが元気だ。地盤沈下が進む関西経済圏にあって、二〇〇四年三月期の営業利益は過去最高の一千億円を突破する見込み。中国などアジアに生産拠点を移すメーカーが多い中、国内に大型工場を相次いで設立し、雇用面でも関西経済を牽引している。かつて関西経済の「顔」と言えば松下電器産業だったが、その松下は前期に四千三百億円の巨大な赤字を計上し、現在も立て直しの途上にある。松下に代わりシャープが二十一世紀の関西経済の「顔」になりそうだ。売上高の五〇%は液晶「京都に学び、神戸に住まい、大阪に働く」――。関西地方では理想的な人生航路としてこんなことが言われる。京都の学ぶ先はもちろん京都大学、神戸の住まいは芦屋、岡本などの阪急神戸線の沿線、そして大阪で働く先は松下であり、住友銀行だった。しかし今や住友銀行は三井住友銀行となり、登記上の本社も東京に移った。松下はリストラを進め、一万人を超える早期退職者を出した。それもあってか二〇〇二年の大阪府の完全失業率は七・七%と全国平均の五・四%を大きく上回った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順