華為技術が踏んだシスコという虎の尾

2003年4月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 中国・台湾

 価格競争力で日本や欧米メーカーを震え上がらせていた中国ハイテクの雄、華為技術が、世界最強のネットワーク機器メーカー、シスコシステムズという虎の尾を踏んでしまった。一月下旬、シスコが華為技術を特許とソフト著作権の侵害で東テキサス地区米連邦地裁に訴えた。シスコ製品と機能や使い方がそっくりなネットワーク機器を華為が中国国内だけでなく日米欧でも激安で売るようになり、訴訟嫌いで有名なシスコのジョン・チェンバーズ社長も堪忍袋の緒が切れたようだ。 ネットワーク上の“交通整理機”であるルーターに搭載されたソフトウエアや機器の取扱説明書がシスコのものにそっくりなことなどが明らかになっており、裁判はシスコ有利で進むとみられている。実際、華為は「不正はない」と反論しながらも、シスコに問題視された製品の米国内販売を二月に入って停止した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順