ブッシュ減税に放たれた2本の批判の矢

2003年4月号
エリア: 北米

[ワシントン発]共和党右派とブッシュ政権はグリーンスパン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が議会に登場するのを警戒していたのだろう。上院予算委員会は例年なら一月下旬に、財政について同議長の意見を聞く公聴会を開催する。今年も一月二十日前後に内々に予定されていたが、結局、見送りになってしまった。 実はこの直前、ブッシュ大統領とグリーンスパン議長は昼食を共にし、意見交換をしている。議長の真意を知った共和党と政権は、「今度は議長の賛同を得られない」と判断したに違いない。二年前の公聴会では、議長が当時のブッシュ新大統領の減税構想を支持、ブッシュ減税の成立へ向けた議会審議に弾みをつけたが、反対ならばおいで頂くには及ばない、ということらしい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順