クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

新幹線が、もし韓国にあったら

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2003年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 横浜の南郊、我が家に近いJRの駅は、根岸線の終点である大船駅から二つ目である。六分か七分で着く。それなのに乗ると、早くもぐっすり眠っている女の子がいる。しかも朝である。電車通学の女子高校生らしいが、オカッパの髪を顔の両側にスダレのように垂らし、熟睡している。夜ごと入眠に苦労する私は、揺り起して眠るコツを聞きたい誘惑に駆られる。 山陽新幹線「ひかり」の運転士(三三)が居眠りしたのは午後三時三分に福山駅を出た数分後からで、三時二十一分に岡山駅に着くまで眠り、運転室に入ってきた車掌に起されてやっと目が覚めた。新幹線が脱線転覆すれば、阿鼻叫喚の地獄になったところだった。 運転士は「睡眠時無呼吸症候群」だった。寝床では眠りが浅いかわり、日中も眠気が続く病気である。JRによる乗務員の健康管理が問題になってくる。 しかし、一般に運転という作業は、ルーチンである。それは日常業務であり、比較的少量単純な動作を間違いなくこなしていれば、無事が保たれる。逆に言うと、無事を保つにはごく少量の、平易な動作を間違いなく果たしていればいい。だから運転という仕事は、登校中の女子高生と同じほど眠くなる。車でも電車でも飛行機でも大差ない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順