アラブ新興メディアという統治不能な「戦争の鬼子」

2003年5月号
カテゴリ: IT・メディア 国際
エリア: 中東

[ドーハ発]「イラクの国旗に記された文字『アッラーフ・アクバル(アラーは偉大なり)』は米国の占領後、キリスト教の『ゴッド・プロテクト・アス(神よ、われらを守りたまえ)』に変えられる」。開戦前からアラブ世界では、こんなジョークがはやっていた。 ブッシュ米大統領はイラクを中東民主化のモデル国家とする意向だが、米国の言う「民主化」は地域にとって「米国支配の脅威」にほかならない。アラブ紙のベテラン記者は「中東地域の民主化が遅れていることは分かっている。耐えられないのは、それを米国から押しつけられることだ」と話す。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順