インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

「なぜ北京で?」波紋を広げる北朝鮮ナンバー2の入院

春名幹男
執筆者:春名幹男 2003年5月号
カテゴリ: 国際

 イラク戦争後、北朝鮮はどう出るか。「米軍の圧倒的なハイテク軍事力に驚嘆しておとなしくなるのではないか」とみるのは素人で、多くの専門家は全く反対に、北朝鮮は核兵器開発に一層邁進する、と予測している。 ブッシュ米政権がイラクを攻撃したのは、「イラクが核兵器を持っていないからだ」と北朝鮮は考えるはずだ、と在京国際情報筋はみる。 そんな微妙な時期に金正日総書記の側近の一人で軍部のナンバー2である趙明禄人民軍総政治局長が突然、北京の病院に長期入院したことが波紋を広げている。趙総局長が北朝鮮を出国したのは三月十八日、米英軍のイラク攻撃開始の前々日とされている。北朝鮮にとっても重要な意味を持つ戦争を前にした軍トップの外国への入院は異常と言わざるを得ない。 複数の在京国際情報筋によると、趙総政治局長が入院しているのは、故トウ小平氏も入院、最高レベルの治療設備が整っている人民解放軍三〇一病院。趙氏の入院後、見舞い目的か、北朝鮮軍高官が続けて訪中したと伝えられている。 北朝鮮軍幹部が外国で病気治療を受けた前例はある。趙総政治局長は「慢性腎不全症」とソウル発共同電は伝えている。趙氏自身、二年前にも北京の病院に入院したと伝えられているが、再度この時期に入院した理由は何なのか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順