SARS危機管理はシンガポールに学べ

2003年5月号
カテゴリ: 国際

 新型の肺炎SARS(重症急性呼吸器症候群)の感染者が百人を超えたシンガポールで、企業が感染症対策に追われている。 感染の拡大が深刻になった三月下旬、日系百貨店の地下食品売り場で感染者が出たとの噂がEメールで飛び交い、客が激減。政府系大手銀行DBSについても行員が感染したという情報が流れ、同行は「ライバル行が流した悪質な噂」との声明を発表、打ち消しに躍起となった。米系半導体大手のモトローラの工場では実際に一人が感染し、工場が一時休業に追い込まれるなど混乱が広がった。 四月に入り、企業はさまざまな自衛策を講じ始めている。DBSは支払いやクレジットカードの承認など業務の停滞が許されない部門の担当者を複数のグループに分け、違う場所に分散して配置。電力会社も基幹業務の担当者を二チームに分け、それぞれが接触しないようにしている。来客をオフィス内に入れず、外で応対するマニュアルを作った企業もある。 人と人とが接触する外出や会合を減らすため、テレビ会議の利用も増えており、通信会社によると通常より五〇%増という。インターネットの通信量も二〇%増となっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順