ローブ顧問が値踏みするチェイニー副大統領の後任候補

2003年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 イラク戦争が終結に向かう中、ホワイトハウスでは、カール・ローブ顧問を中心にブッシュ米大統領の“再選委員会”が設置されつつある。来年一月には予備選が開始されることから、早めに万全の態勢を整えるのが目的。 内外で毀誉褒貶の多いブッシュ大統領だが、「共和党を自らのイメージに再編した。短期間で共和党を『レーガンの党』から『ブッシュの党』に変えた」(マイラ・ミラー・ウィンストン研究所研究部長)と評価が高い。民主党内でも、ブッシュ大統領を支持する「ブッシュ・デモクラット」が生まれているようだ。 USニューズ・アンド・ワールド・リポート誌によれば、民主党幹部は「イラク攻撃が成功し、経済状況が上向けば、来年の選挙はお手上げ」と述べたという。 ただし、新保守主義者(ネオコン)に寄り過ぎとの反省が政権内にあり、ローブ顧問は、再選を確実にするため、ネオコンに近く、心臓病を抱えるチェイニー副大統領の交代を主張しているという。 ローブ顧問は、副大統領候補にライス大統領補佐官、パウエル国務長官、ジュリアーニ前ニューヨーク市長ら穏健派を選べば再選は確実と読んでいるようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順