「モノマネ王」ドコモにライバルの大ブーイング

2003年5月号

 二〇〇二年度の携帯電話加入者獲得競争も、蓋を開けてみればNTTドコモが約四千四百万台と、六割近いシェアを獲得した。ところが、この数字を達成するために同社がとった作戦に大ブーイングが巻き起こっている。 ドコモの立川敬二社長が「携帯電話をカメラ代わりに使うユーザーがどの程度いますかね」と、J-フォンの写メールに辛辣な言葉を浴びせたのは二年前。そのドコモが昨年夏、前言を翻してカメラつき携帯電話に参入。ドコモ版写メールの「iショット」は七百万台を売り、この夏までに本家のJ-フォンを追い抜く勢いだ。「他社のサービスを真似するなどこれまでならありえなかった。行き詰まっている証拠」(ドコモ幹部)。仮にカメラつき携帯に参入しなかったら、昨年度のシェアは五割を切っていた可能性もある。 ドコモのモノマネ作戦はまだ続くとの観測もある。四月からPHS事業でDDIポケットのエアーエッジを後追いしたのをはじめ、J-フォンの新しいプリペイド携帯が好調のため、類似サービスを検討中という。業界トップらしからぬ振る舞いにライバル各社は神経を尖らせている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順