テレビ報道に八つ当たり

成毛眞
執筆者:成毛眞 2003年5月号

 イラク戦争が始まって二日ほどテレビにかじりついていた。ブッシュと彼を支持しているアメリカ国民の愚かさにあきれ、アメリカを支持するという選択肢しかない日本の悲哀をかみ締めながらのまさに観戦である。 戦争初日は圧倒的に内容は民放のほうが濃かった。なにしろ戦闘開始まえから特番が始まっていたのだ。すでに編集済のイラク戦争までの経緯VTRなどが用意され、コメンテーターも待機していた。番組の担当者は心の奥底で、どうせおっぱじめるなら特番中に始めて欲しいと思っていたのではないか。 いっぽうのNHKは予定の番組を中断して臨時ニュースとしての扱いである。アナウンサーが次々と入る外電を読み上げ「少々お待ちください、新しい情報が入りました」などと切迫感を演出していた。局のお偉いさんから「待ってましたといわんばかりの報道はやっぱまずいよ」というお達しでもあったのだろうか。 いやはやどっちもどっちだ。とはいえ、戦争報道について日本のテレビ局を批判するつもりはない。アメリカのテレビのあざとさと比べれば、むしろ今回はまっとうに報道しているように思われるからだ。 CNNもすごかった。地上軍がバグダッドに進む場面では、キャスターが戦場からのライブ映像に酔いしれて自画自賛の嵐。「すばらしい映像です」を連呼していた。レポーターは戦車隊を「鋼鉄の波」と叫び、解説者はフセインの悪者ぶりをナレーターのように解説する。番組担当者がスター・ウォーズのテーマ曲を流さなかったのが不思議なくらいだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順