行き先のない旅
行き先のない旅(1)

王宮を飾った玉虫

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2003年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 ああ、ここに帰ってきたと自覚できる音、色、匂い。たとえば、ニューヨークの摩天楼を縫う車のクラクションの音。ミラノの大聖堂周辺に漂うほろ苦いコーヒーの香り、几帳面に整えられたミュンヘンの街路樹。こうした、街を特徴づける横顔のようなものが、ここブリュッセルには不思議にない。 もちろん、グランプラスや小便小僧の周辺には、ベルギーワッフルとチョコレートの甘い匂いがいつも満ちているし、EU(欧州連合)関連の重要な建物が密集するシューマン地区の裏通りでは、ユーロクラートとロビイストたちの間で交わされるありとあらゆるヨーロッパ言語の響きが聞こえる。しかし、ブリュッセルに住んで半年も経つと、こうした街のイメージが、永久に終わらないジグソーパズルのように、断片的にすぎないことに気づかされる。もちろん、道路表示から牛乳のパックにまでフランス語とフラマン語という全く異なる言語が併記されていることが、この街の捕えどころのない印象に一役買っているのだろう。しかし、もっと日常の奥底、ちょうどブリュッセルで活躍した画家、ルネ・マグリットの世界のように、見慣れたはずの日常から、超現実の世界へポンと送り込まれそうな驚きと仕掛けが、この街には一杯隠されているように思えるのだ。たとえば、部屋のドアが閉まったまま人の形でくりぬかれ、その先に何があるのか、全くの謎という「予期せぬ答え」という作品のように……。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順