インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

CIA長官の行き過ぎた「情報クッキング」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2003年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

「情報のクッキング」という言葉が、一九八〇年代から、情報の世界でよく使われる。情報の調理、つまり政治的目的に合わせて情報を利用すること、時には歪曲することを意味する場合もある。 ブッシュ米政権が米国民の圧倒的支持を得てイラク戦争に勝利した舞台裏で、実は、情報のクッキングが行なわれていた。 ブッシュ米大統領は、フセイン・イラク大統領と国際テロ組織アル・カエダの「関係」について何度言及したことだろう。五月一日、空母エイブラハム・リンカーンの艦上で行なった事実上の勝利宣言でも大統領は、フセイン政権を「アル・カエダの同盟国」と指摘した。「今後イラク政権から大量破壊兵器を手に入れるテロ組織はない」とも述べた。 だから、大半のアメリカ国民は、フセイン政権がアル・カエダを支援してきたと認識している。アル・カエダが犯した一昨年の9.11米中枢同時多発テロ以後、対テロ戦争がアフガニスタン攻撃、イラク戦争と続いたことに、違和感など全く抱いていないのだ。 だが、本当にイラクとアル・カエダの関係は確実な証拠によって実証されただろうか。 もちろん情報は多々あった。 その一は、同時テロ実行グループの主犯モハメド・アッタがテロの五カ月前の二〇〇一年四月、チェコの首都プラハでイラク大使館の書記官イブラヒム・サミル・アニと会い、プラハにある米系のラジオ局「自由ヨーロッパ放送」の爆破を謀議したとされる情報。アニは外交官を偽装したイラク情報機関員であることが知られていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順