目指すな日本のビル・ゲイツ

成毛眞
執筆者:成毛眞 2003年6月号

 三年前にはじめた会社がやっと実質黒字になった。社員数も五十名に達し、これからが本番というところ。しかし、ここにきて少なからぬ人々から上場する気がないかと聞かれる。僕の答えは「考えたこともない」である。 ここ数年、「目指せ日本のビル・ゲイツ」を合言葉に、設立間もないベンチャーに資金が投入され、その多くが失敗に終わった。多くの人々はいまだにベンチャーバブルの後遺症を患っているように思える。教訓が生かされていないのだ。 そのビル・ゲイツのマイクロソフトは一九七五年に設立され十一年後の八六年に上場、今年で二十八周年を迎える企業だ。設立から紆余曲折をへて内部留保を厚くし、満を持しての上場だった。ビル・ゲイツを目指すのであれば、わが社もあと八年は在野でがんばる必要がある。 エンジェル税制拡充や政府によるベンチャー育成を唱える政官財の人々は、この事実を全く知らないのであろう。一般の個人が十年間も無配が続くなか、売却益も出せずに資金を眠らせることが出来るとは考えられない。政府の資金であればなおのこと。納税者から疑問の声があがるはずだ。 ベンチャーを育てたければ、政官財の人々が何もしないことが、もっともエレガントな方法だ。年功序列の枠組みのなかで、複雑な利権や談合で生計を立て、アンシャンレジームに安住する人々に、ベンチャー支援などという資格はない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順