クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

有を無にする国の新型肺炎

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2003年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 他人の不幸を喜ぶのは(とくにそれを口や態度に出すのは)はしたないことである。喜んでいないのに喜んだと誤解されるのは、もっとつまらない。だから、これは中国人民への同情から言うのだと断って書くが、あの新型肺炎SARSは、中国ならではの広まり方をした。政治が疫病の伝播を助けた。 なぜ誰も思い出さないか不思議だが、中国政府は前にもHIVウイルスの蔓延を隠した。一九八〇年代後半からほぼ十年の間、都合の悪い事実を隠蔽した。 その間、エイズ禍は農村を中心に猖獗をきわめた。原因は、政府が推進した献血・売血運動だった。都市の病院で必要な血を、貧しい農民から雀の涙ほどの現金と交換に買った。その注射器が汚れていた。中国政府が事実を認めたのは、外国まで飛び火し始めてからだった。 今度のSARSは、香港からベトナムに飛んだ上海生れ・アメリカ国籍の男がハノイで発症して入院、香港の病院に転院して死ぬという、ごく初期に国際的な感染をした。隠そうにも隠せなかった。シンガポールやカナダの死者・患者も、伝染経路がはっきりしていた。 中国内部でも北京に飛んだから、天安門広場がガラガラになるという歴然たる騒動になった。あれがもし外国人の少ない地方に伝染っていたら、きっと中国政府は隠しただろう。少なくとも甚しく内輪にしか言わなかったはずだと私は思う。あの国の政府は、江沢民時代から胡錦濤=温家宝の時代へと変わって若返ったが、体質はちっとも変わっていない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順