プーチンがついに決断?「カシヤノフ首相更迭」

2003年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 ロシアのプーチン大統領が権力基盤強化のため、カシヤノフ首相の首を切る腹を固めたようだ。 エリツィン前大統領派と目されるカシヤノフ首相はこれまでも、たびたび解任説が取りざたされながら、プーチン氏への忠誠を誓って生き延びてきたといわれる。 だが、モスクワの消息筋によると、カシヤノフ首相は好調なロシア経済の立役者として評価が高まっている上、外交面でも各国首脳との重要会談を無難にこなすなど政治指導者として急速に力を増しており、これが大統領の嫉妬と警戒心をあおっている。 プーチン大統領は来年に二期目の大統領選を控え、かつて自分が属していた国家保安委員会(KGB)出身者を集めて再選戦略を進め、ライバルになる可能性のある人物の排除を画策している。その一人がカシヤノフ首相だと同消息筋は分析。また、「首相が経済界、特に新興財閥の支持を受けていることが問題視されている」と指摘する。 カシヤノフ首相が解任しようとしたナズドラチェンコ国家漁業委員長を最近、プーチン大統領が国家安全保障会議副書記に起用したのは、大統領による首相追い落としの序幕との見方もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順