饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(66)

エビアンサミットを支えたホテル学校の生徒たち

西川恵
執筆者:西川恵 2003年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 フランスのエビアンで六月一日から三日まで主要国首脳会議(サミット)が開かれた。一日の昼食から三日の昼食まで計五回、首脳らの食事を受け持ったのは会場となったホテル・ロワイヤル・パルク・エビアンの料理長ミシェル・リンツ氏(四八)だった。 ただ、サミットを主催する度に食事では粋な趣向を凝らすフランスだけに今回も思わぬ仕掛けを用意していた。中日の二日、昼と夜の食事はリンツ氏の指導で地元のホテル学校「サヴォワ&レマン」の生徒が作り、給仕も同校の生徒が担当したのである。日本でいえば高校生の年代である。 ホテル学校は料理と給仕のプロフェッショナルを育てる専門学校で、同校はフランスでは最も古い一九一二年に設立された。パトリック・ブルッスー校長にエリゼ宮から「サミット首脳の食事と給仕に生徒が参加していただけるか」と話があったのは今年初め。「世界のVIP相手に腕を振えるまたとない勉強の機会」と、校長は二つ返事でOKした。 実はこれはシラク大統領の娘で、エリゼ宮広報部長でもあるクロードさんの発案だった。「若い可能性のあるホテル学校の生徒にサミットに参加してもらいましょうよ」と提案し、シラク大統領も賛同した。サミットを地元住民から遊離したエリートの会合にはしたくないことと、オート・サヴォワ県をこの機会にPRする意図がそこにはあった。四月、学校は料理部門と給仕部門から各四人の生徒を選抜。料理部門の生徒はリンツ氏の指導で次のようなワーキング・ランチのメニューを作った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順