クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

SARS消滅 もういいの?

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2003年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 新聞の一面から、やっと新型肺炎(SARS)のニュースが消えた。われわれは怖い病気を封じ込めたのだろうか? 北京では患者の増え方がヒトケタになった、それが何日続いたと、減った人数だけを喜んだ。われわれは北京市民と共に喜んでいいのか? 十四世紀のヨーロッパを潰滅状態に陥れ、当時の全文明世界で六千万から七千万人を殺したというペストは、ネズミとネズミノミの媒介だったが、ノミに吸血された人間が感染源になってからは、咳などの飛沫感染によって伝播した。今回の肺炎と似ている。 ボッカッチョは、その惨状を『デカメロン』の冒頭に描いた。現代人では米作家バーバラ・タックマンが『遠い鏡』に書いている。後者によると、最初ロシアの被害はさほどでなかった。イタリアに上陸したペスト禍は、ロシアに達して止まったかに見えた。ロシア人は(今日の北京人と同じように)大いに喜んだ。 早計だと知ったのは、厳しい冬が過ぎて春が来てからだった。ネズミが動き出すのと同時に、ペストはヨーロッパの南半分を侵したのと同じ勢いでロシアを呑み込んだ。 いま東アジアは、肺に負担の少ない気候になり、新型肺炎は下火になった。日本は自衛に成功し、日本人の中でパニックに陥ったのは、台湾の医師が日本で買春したかどうかを記者会見で追及した新聞記者一人か二人だけだった。だが昨年十一月に始まったSARSの一撃は、五カ月で終わったわけではあるまい。いま安心すると、十四世紀のロシア人の轍を踏むかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順