ネーミングは楽しい

成毛眞
執筆者:成毛眞 2003年8月号
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 我が家のゴールデンレトリーバーはチップと呼ばれている。青のセキセイインコの名前はチョコ。親戚のビーグル犬はクッキー。三匹あわせてチョコ・チップ・クッキーとなり、ハーゲンダッツのアイスクリームになる。こころはマイ・スイート・ハートだ。 ネーミングには子供の頃から興味があった。祖父がヘビースモーカーだったこともあってタバコの銘柄に興味があった。いかにも田んぼで一服といった感じの「いこい」。昭和二十四年発売の「しんせい」は新生の意味なのだろう。闇市上がりのワル用かと思った「ゴールデンバット」は明治三十九年発売。しかし、禁煙流行りの現在では新しいタバコのブランドは育っていない。たぶんマイルドセブンで打ち止めになるのだろう。 鉄道もしゃれたネーミングをしていた。東京-大阪間を行っては帰る「こだま」。その音より速い「ひかり」。戦前からの「はと」や「つばめ」も伝書や渡りをする鳥を選ぶことでイメージが伝わってくる。具体的なイメージにとぼしい「のぞみ」が出た頃から、鉄道は特別のものではなくなってしまった。一方、「のぞみ」と同じ意味を持つタバコ「ホープ」や「ピース」のほうは、戦後の米国文化に向き合わなければならない時代の先端だった。じつは「ひかり」と「のぞみ」は戦前、釜山|新京(現・長春)間の急行だった。息の長いブランドである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順