休まない社員は要注意!?「休暇中内部監査」の効力

執筆者:岡田浩之 2003年8月号
カテゴリ: 社会 金融
エリア: 日本

楽しいはずの休暇にも、企業から見ると別の側面がある。社員の“不正”をチェックするには、絶好の機会となるからだ。あなたがいない間に会社では何が行なわれているのか――。「昇格したら、年内に連続二週間の休暇を取るよう上司から言われました。これまでも休日出勤した分の代休消化さえ難しかった。仕事も責任も増えるのに、営業日で十日続けて休めますかね……」 在京の外資系証券会社に勤務するトレーダーは思案顔だ。家族のこと、自分の健康のことを考えれば二週間の連続休暇は確かに魅力的。だが、上司の言葉を思い出すと、夢は覚めるという。「会社からの連絡は受けられるようにしておいてほしいが、休暇中はオフィスや取引先には一切連絡をしないこと。休んでもらっている間に、君のチームの担当業務に関して内部監査が入るかもしれないから、そのつもりで」 社員に長期休暇を取らせ、その留守に内部監査を行なう――人間性善説に依って立つ日本型の組織運営においては、やりすぎとさえ思えるような手法なのだが、一方、性悪説を基盤とすると言われる欧米型の組織においては、目新しいものではない。巨額の資金がからんだ不正が起きやすい金融企業だけでなく、石油メジャーのエクソンなど事業会社でも以前から採用されている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順