ミャンマー民主化を阻む双方の「独裁」

2003年8月号
カテゴリ: 国際

[バンコク発]ミャンマー民主化問題は、軍事政権による民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー国民民主連盟(NLD)書記長(五八)の身柄拘束など一連の強権発動で、振り出しに戻ってしまった。スー・チー氏がNLDを旗揚げして間もない一九八九年七月に、当局によって国家破壊分子法違反で最初の自宅軟禁に置かれ、政治活動を禁じられた時とほぼ同様の状況で、実際のところ、これまでの十四年間、軍政とスー・チー氏の対立の構図はまるで変わっていない。むしろ、スー・チー氏が昨年五月に二度目の自宅軟禁から解放されて以降、互いの積年の憎悪が事態をさらに悪化させた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順